草薙皮ふ科クリニック

草薙皮ふ科クリニック

小児皮膚科

Dermatology

小児皮膚科についてDermatology

アトピー性皮膚炎やおむつかぶれなど、小児の皮膚疾患にも様々な種類があります。大人と同じような症状の皮膚疾患でも、大人に比べてお子様のお肌はデリケートです。
成長過程のお子様のお肌は繊細な分、免疫機能も不完全な状態です。外部からの刺激がダメージになりやすいため、適切なケアを行うことが大切となります。
小児皮膚科ではお子様の皮膚疾患の症状に合わせて、適切な診療を行っています。

お肌のトラブルTrouble

  • アトピー性皮膚炎
  • とびひ
  • おむつかぶれ
  • いぼ
  • 水いぼ
  • 水ぼうそう
  • はしか(麻疹・風疹)
  • 手足口病
  • りんご病

主な疾患Dermatology

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、繰り返す慢性の湿疹と皮膚の乾燥が特徴的な皮膚疾患です。成人で発症する場合もありますが、小児で発症することが多いと言われています。喘息のほか、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎のある家系に出やすい傾向があり、また、ダニや食べ物などのアレルギーが起きやすいのも、アトピー性皮膚炎の特徴です。治療は、日本皮膚科学会のガイドラインに基づいて保湿剤やステロイド外用剤を中心とした外用療法、抗アレルギー剤の内服療法などを行います。必要に応じて悪化原因を調べるためにアレルギー検査を行うこともあります。スキンケアが欠かせないものとなりますので、定期的な皮膚科への通院が必要となります。

水ぼうそう

水ぼうそうはウイルス感染によって起こります。初期症状では発熱が起こることもあり、数日経過すると赤い発疹ができはじめます。特徴としては赤いぼつぼつした発疹や水ぶくれが体中にでき、重症化するケースもあるため注意が必要です。治療法としては、かゆみ止めのぬり薬や飲み薬、症状によっては抗ウイルス薬が処方されます。

おむつかぶれ

おむつかぶれは一般的に浸透している言葉ですが、実は医学的な言葉では「おむつ皮膚炎」と呼びます。名前の通り皮膚が炎症を起こしている状態ですが、主におしりに付着するおしっこやうんち、おしりを拭く時に起こる摩擦などが原因とされています。症状が悪化するとおしりが真っ赤になるだけではなく、触られるだけで痛みを感じてしまいます。おむつかぶれにならないように普段から予防を心がけることも大切ですが、治療が必要な場合は、症状に合わせたぬり薬や、ステロイド外用薬を使用して炎症を抑えます。

はしか

はしかは麻疹ウイルスに感染することで起こりますが、潜伏期間があることが特徴です。一般的な潜伏期間は10日~12日とされており、鼻水や咳など、風邪に似た症状が出ることも特徴の一つです。特効薬はないため、症状に合わせて解熱剤や点滴などの対症療法を行います。合併症が引き起こされる危険もあるため、特に注意が必要です。

いぼ

いぼは大人のイメージがありますが、子供にも多く見られる皮膚疾患の一つです。いぼはヒトパピローマウイルスの感染により生じますが、ウイルス感染ですので、放置すると感染して増えて、家族内などでも感染することもあります。治療は、液体窒素療法、内服療法、外用療法、炭酸ガスレーザーなどを行います。いぼの治療は1回で完治することはなく、複数回の治療が必要となることがありますので、根気よく治療をする必要があります。